Well-being Lab.6月定例会

img_0621-610
Share on Facebook

Well-being Lab.6月定例会のお知らせ
2012年6月21日 19:00〜22:30

ご好評のWell-being Lab.6月定例会のご案内です。
当Lab.の主席研究員でありレギュラーゲストの目崎さんが、
10年間・世界100ヵ国を漂流してこられた体験をもとに、
世界を5つのエリアに分け、5月より4回シリーズの紀行談話を
もとに改めて幸せの背景や捉え方について、参加者皆様と共に
考えていきたいと思います。

Video streaming by Ustream
目崎さんが清水章弘さんと国際社会について対談された動画

【Well-being Lab.4回シリーズ】・・・(1回目は5月に終了しました)

■目崎雅昭の世界漂流紀行■
~グローバル化する社会で私たちは経験を共有できるのか~

14世紀の大航海時代、海を渡り国境を越えた貿易が行われるグローバリゼーションが始まりました。
それから600年が経過する今、グローバル化は国家間という大きな枠に収まらず、地域や組織、そして個人をも飲み込んで進行しています。

その結果、私たちは時間や場所の壁を越えて人と繋がれるようになりました。更に、ゼロ年代以降はスマートフォンやSNSサービスの普及により、新たな情報との出会いに拍車をかけています。

14世紀、大航海時代に人々が見たグローバル化の未来…それは人々が様々な制約から解き放たれ、文化交流を通じた豊かなライフスタイルを手に入れることでした。
そして現在、私たちは豊かな生活を手に入れることはできたのでしょうか?グローバル化が日本にもたらした未来、それは表層的な人間関係が増え、絆をベースにした関係性を築けない「すれ違い」を感じさせる社会…ではないでしょうか?

グローバル化時代に生きる…、それは日々巡り会う人から、経済、文化と様々な次元で自分の廻りをとりまく社会を見渡していくことに他なりません。
この講座では世界の政治や経済や文化へと目線を広げ、私たちが生きる社会を認識するための見取り図を作成していきます。
その上で、皆様が日常を見つめ直し、自分の価値観を変えていくための材料を提供していきたいと考えています。

■研究会スケジュール (4回シリーズ)
第1回(5月終了)→アジア漂流紀行 〜瞑想の国は何を見ているか?〜
第2回(6月)→中東、アフリカ 〜社会の寛容性について考える〜
第3回(7月)→南米、ヨーロッパ 〜多様性が存在する社会とは何か?〜
第4回(8月)→日本社会の未来 〜幸せの関係性についての考察〜

■各回の形式
・目崎さんの講義(40分)
・質疑応答(30分)
・シェアリングセッション(60分)
・懇親会(60分)

【6月定例会のご案内】

●日 時:6月21日(木) 19:00~22:30
●場 所:http://cero.in/ 秋葉原
●テーマ:アジア漂流紀行 〜瞑想の国は何を見ているか?〜
●参加費:2,500円(1ドリンク・軽食付き)

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*